2016-09-22

くらべっこ その1


このブログをはじめてから
ずっと
グループ展のことについて
お話ししてきました。
 
そのグループ展も
おかげさまで
無事終えることができました。
 
ありがとうございます^^
 
これからは
作品について
たくさんお話ししていきたいなと
思っています。
 
よろしくお願いします。
 
 
 
*************
 
 
 
今日は、
絵の具について
お話ししたいと思います。

 
わたしは
透明水彩をよく使っています。
 
透明水彩って
どんなものか知っていますか?




身近で
手軽に使える絵の具には、

水彩絵の具
アクリル絵の具

があります。


水彩絵の具は
乾いた後も水に溶ける性質の絵の具です。

透明水彩は、
重ねて塗ると
下の色が透けます。

不透明水彩は、
透けにくく
透明水彩に比べて
少し重たい印象に仕上がります。

色は
アクリル絵の具と比べて
少し素朴な感じです。
(上の画像だと分かりにくいですね・・・)


一方、
アクリル絵の具は
乾くと水に溶けない性質の絵の具です。

アクリル絵の具にも
透明
半透明
不透明
などの種類があります。

水彩絵の具と比べて、
乾くのが速く
少しツヤのある仕上がりです。

薄めて塗ると水彩風
濃いめに塗ると油絵風に
幅ひろい表現ができます。

木やガラスなど
紙以外にも色を塗ることができます。



わたしは、

透明感と
軽やかさと
素朴な色味と
におい

が好きで、
透明水彩をよく使っています。
 


他にも、

色鉛筆
パステル
クレヨン
カラーペン
カラーインク

など
いろいろな画材があります。



どんな特徴があるのか
知っていると、
作品の楽しみ方が
増えていくと思います。



ぜひ、
お好みの画材を
見つけてみてくださいね^^